おすすめ旅館・ホテル

ばんすいろう ふくずみ

「萬翆楼 福住」

特徴
  • 禁煙ルーム有
  • クレジットカード利用
  • AAA

創業寛永2年(1625年)、創業390年を迎える箱根の老舗旅館です。平成14年には営業する旅館として初めて国の重要文化財に指定されました。

萬翠楼福住(ばんすいろうふくずみ)の当主は箱根湯本の名主を務めたものもおり、著名な歴史上の人物が箱根湯本にお越しに
なられた際にはそのお迎えをしておりました。数々の名士が萬翆楼福住に宿泊され、その証として「掛け軸」等の揮毫を頂きました。
その方々は「伊藤博文」様「福沢諭吉」様「西郷隆盛」様といった明治日本を担った著名な人物です。
それらの揮毫をご宿泊の皆様にも直接ご覧頂きその時々の時代背景を感じ取って頂ければと思っております。
明治12年(1879年)、十代目主人の福住正兄(まさえ)は西洋建築と和風建築が融合する、意匠を凝らした建物を完成させます。
その建物「萬翆楼」「金泉楼」は現存する希少な擬洋風建築として神奈川県から“かながわの建築物100選”に選ばれ、後に国指定
の重要文化財となりました。
また、当館では湯本でも希少な自噴式の源泉を単独管理しており、涌出量は毎分100リットルを超えます。各種成分バランスが取れ、
透明度が高い湯は浸かり心地が抜群。「真綿にくるまれるよう」と評してくださる方もいらっしゃいます。自然の恵みのまま、本物の温泉
をご堪能いただけます。
箱根湯本は足柄山・箱根山そして伊豆の山々の幸と、相模湾・駿河湾という絶好の海の幸に囲まれた場所にございます。お食事には
自信を持った食材のご提供させて頂いております。
 

国指定重要文化財「萬翆楼15号室」萬翆楼福住を代表するこのお部屋は、ひと目見て圧巻の48枚からなる絵天井は20数名の画家が手掛けられております。また、明治の板ガラスや障子格子の意匠など重要文化財としての要素を垣間見ることができます。

国指定重要文化財「萬翆楼15号室」萬翆楼福住を代表するこのお部屋は、ひと目見て圧巻の48枚からなる絵天井は20数名の画家が手掛けられております。また、明治の板ガラスや障子格子の意匠など重要文化財としての要素を垣間見ることができます。

  • 明治12年(1879年)、十代目主人の福住正兄(まさえ)は西洋建築と数寄屋造り雅)融合する、意匠を凝らした建物を完成させました。

    明治12年(1879年)、十代目主人の福住正兄(まさえ)は西洋建築と数寄屋造り雅)融合する、意匠を凝らした建物を完成させました。

  • 萬翆楼金泉楼の出入り口は、蔵を連想させる立派な意石造りでその重厚さが伝わって参ります

    萬翆楼金泉楼の出入り口は、蔵を連想させる立派な意石造りでその重厚さが伝わって参ります

「萬翆楼 福住」のおすすめポイント

施設概要 / 基本情報

施設名 「萬翆楼 福住」 (ばんすいろう ふくずみ)
住所 〒250-0311
神奈川県足柄下郡箱根町湯本643
アクセス 小田急「箱根湯本駅」徒歩5分
お問い合わせ TEL0460-85-5531/ FAX0460-85-5130
フリーダイヤル0120-292301
E-mail:fukuzumi@hakone.or.jp
ホームページ http://www.2923.co.jp
チェックイン/アウト 15:00/11:00
宿泊料金 21600~「昭和棟2名様ご利用お1人様料金」
部屋数 15部屋
送迎
駐車場
14台
立ち寄り湯